読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉、ことば、コトバ!第17回

源氏物語と映画」

さて、源氏物語についての文章もこれで一区切りにしようと思うが、最後は学問的なものでなく、肩のこらない映画の話を書きたい。(・・;)

源氏物語紫式部の映画はたくさん作られているのかも知れないが、私の人生で観たのは二つである。

一つは吉永小百合紫式部の役をやっているやつ。清少納言、森光子、道長、前の夫(二役)、渡辺謙光源氏天海祐希、紫の上、常盤貴子といったキャストで、松田聖子ちゃんも出ていた。心理学部の若い女の助教授と観た。(私たちは何もなかったですよ。(・・;))

もう一つは中谷美紀紫式部道長東山紀之光源氏生田斗真、皇后藤壺真木よう子というキャストだった。(・・;)

恐ろしいもので、ちょっとした台詞や、展開から、この時代考証は〇〇先生だな、と思い、エンドロールを見ていると実際に時代考証、朧谷寿と出てくる。

吉永小百合のやつは記憶がおぼろだが、女の自立みたいな曖昧な理由で、道長と別れていたような気がする。(本当によく覚えていないので、全然違うかも知れないが)

中谷美紀のやつでは超能力者安倍晴明紫式部の顔を見て、道長に恐ろしく、邪悪な凶相が出ているので、追放しなければいけないと進言する風だった。学問の進歩を感じた。

私もキャストを考えてみた。

ただで映画会社に売っても良い。

紫式部松嶋菜々子

道長木村拓哉

清少納言松たか子

和泉式部宮沢りえ

土御門倫子、余貴美子

高松殿明子、木村多江

一条帝、藤原竜也

三条帝、山田孝之

弾正宮、小栗旬

帥宮妻夫木聡

小野宮実資、オダギリジョー

光源氏ブラッド・ピット

紫の上、ジュリア・ロバーツ

明石の君、メグ・ライアン

六条御息所エミリー・ワトソン

空蝉、パトリシア・クラークソン

夕顔、ケイト・ブランシェット

朝顔イザベル・ユペール

葵、ティルダ・スウィントン

花散里、ヘレン・ハント

秋好中宮、キャリー・マリガン

女三宮スカーレット・ヨハンソン

朧月夜、ペネロペ・クルス

末摘花、オリヴィア・ウィリアムズ

玉鬘、レア・セドゥ。

皇后藤壺マリオン・コティヤール