読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【配慮している相手が違う】

『パチンコ屋の倒産を応援するブログ』

              2017年 04月 15日

【配慮している相手が違う】

今まではヘタレのオバマが相手だったので中国共産党の庇護の下でやりたい放題やってきましたが、トランプ大統領はオバマとは違い、ナメられたらきっちり落とし前を付けるということをシリアで見せつけました。

米中首脳会談で習近平がケーキを食べ始めたところで「説明したいことがある。たった今、シリアに59発ミサイルを撃った」と、トランプ大統領が習近平に明かし、習近平は10秒ほど固まった後に「もう一度説明してほしい」と言ったとか。

先日当ブログで書いたとおり、中共としては北朝鮮温存政策のままでした。米中首脳会談中にシリアに米国がミサイルを撃ち込むと習近平の状況を知らない中共の外交部はいつもどおり対話での解決を呼びかけました。

シリア政府の後ろにいるのが中露であることはとっくに知れている話で、まさか米中首脳会談の最中にはないだろうと思っていたのでしょう。

むしろトランプ大統領は中共に対しての牽制としても習近平にわざわざこのプレゼントを合わせたのでしょう。

そして今まで通り北朝鮮に何もしないのなら黙ってろとそういうメッセージでしょう。

トランプ大統領が北朝鮮相手に米国はこれ以上は許さないぞと空母打撃艦隊を朝鮮半島に移動させました。

途端に朝日新聞毎日新聞赤旗も「対話!対話!対話!」と書き続けています。

いやぁどこの国の意向を「忖度」したんでしょうかねー。

赤い貴族志位和夫が「外交交渉で北朝鮮問題解決を」と声明を発表しています。

共産党が育ててきた志位るずや9条の会の皆さんは今こそ「対話による解決」「暴力によらない解決」を実現させてもらいたいものです。

9条の精神があれば平和なはずですよねー。

実際の所は、日本共産党朝鮮総連創設から関わってきて、阪神教育事件などでも知られるとおり、日本共産党にとって朝鮮総連共産党の革命実現のための大切な暴力実行部隊でした。

朝鮮総連創設の頃から密接な関係を持ってきたのが日本共産党で、北朝鮮が処分されてしまったら日本共産党の大切なパートナーが壊滅してしまいます。

ですのでなんとしても北朝鮮を守らなければならない立場から

声明を発表したに過ぎません。

みなさん考えてみてください。

朝鮮半島というのは一時停戦状態であってずっと戦争中なんです。

そしてこの朝鮮戦争の問題が片付いてしまうと

朝鮮戦争終結した」

ということになるのです。

南であろうと北であろうとほとんどの在日どもが日本にいる根拠が無くなります。

ですので事態が解決しないようにしたいのが本邦のパヨクです。

反日野党連合こと共産党民進党(偽)、社民党自由党+市民連合の連中は六者協議を再開しろだの対話で解決しろだのとにかく北朝鮮問題が一定の解決をされないために対話路線へ誘導しようと叫んでいます。

北朝鮮瀬戸際外交を繰り返してこれたのは中共が実力行使をさせないようにしてきたからです。その点で習近平はトランプ大統領との会談でトランプに配慮をさせたかったはずがむしろ習近平がトランプ大統領に黙らされてしまいました。

それでも北朝鮮は強がりをやめません。瀬戸際外交しかしてきませんでしたし、周囲の人間も相当粛正してしまっていますから正常な判断などできないでしょう。

仮に北朝鮮がミサイルを撃ったら7分で日本に着弾するそうです。これを考えたら万が一のことを考えて日本人は最悪の事態に備えなければならないのです。

そして核を持っていて日本に撃ち込む能力をすでに持っているのです。

これほど危険な話はありません。

ところがそういう状況であるにも関わらず日本のマスゴミは「配慮」して日本人に事の重要性を隠し続けてきました。

日本の安全保障環境の悪化は誰の目にも明らかなのに国会ではいまだにまともに法案審議をしようとしない政党がひたすら審議の邪魔をし続けています。

そしてマスゴミは配慮して民進党(偽)のそうした都合の悪い情報は流していません。

日本のマスゴミとパヨクはまっとうな日本国民の命には一切配慮していません。

元情報:http://tinyurl.com/kcvaw6x

(Powered by my日本 http://sns.mynippon.jp/)