読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザルツブルク

嵐にふさわしい音楽ということでブルックナーの第9シンフォニーは残念ながらそんなに時間がないので、ザルツブルク箱からマーラー第8シンフォニーを。

レナード バーンスタイン指揮ウィーンフィル。30-8、1975年ザルツブルク。大音量部分ではやや音が割れザラザラするが、昔からこのシンフォニーと言ったらこのレニーか、僕はこちらだったミトロプーロス指揮ウィーンフィルの1960年ライヴ。

久しぶりに聴くとこのくらい指揮者の想いや情熱が籠められても、違和感を感じることはなくなってる。

プライス、バルツァ、へルマン プライ、ホセ ヴァン ダム他、歌手陣も豪華だったんだな。特にプライが良い。