読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け

久しぶりに夜更かしをする。

こんな長く起きているのはいつぶりだろう。

ここまで眠くならないのは

初めてかもしれない。

と、言っても一度寝床について、

2:00に目が覚めただけなので

夜更かし、とは言わないのかもしれない。

いつもなら、夜中に目が覚めても、

すぐ寝付けるはずが

今日はうまくいかなかった。

もう寝ることを考えるのはやめた、

と、起き上がり、

部屋の棚の整理を始める。

ついでに床を拭いてみる。

もちろん、家族と住んでいるので隣の部屋に迷惑がかからないよう、静かに。

棚に重ねてあった、ノートを広げる。

あの時感動してとっておいた言葉のメモも

ただの紙切れに見えたり、

心が反応するものが、

時とともに変わっていったたりするものだなぁ、

としみじみ感じた。

また、執着していたもの(何年も捨てられなかったもの)は案外空っぽな中身だった。

いい気づきと、整理整頓の時間を過ごす。

そうこうするうちに、

4時を迎えた。

外を見ると薄明るくなっていた。

静かな道にバイクが走る音が聞こえる。

4:20を過ぎると、

鳥の声が聞こえてきた。

いろんな種類の鳥の声が聞こえる。

元気だなぁ。

そういえば、鳥たちも、夜は休んでいたのか。

そして、また朝起きてきたのか。

ふだんからよく聞く鳥の声も、

この時間に聞くと違って聞こえる。

すごく心地よい時間。

睡眠はとれなかったが、

こんな休日の迎え方も悪くないと思った夜明け。

さあて、今日はなにをして過ごそうか。

1日の良い始まり。